2009年 04月 22日
春の新芽に。
c0067646_133688.jpg工場の中に立っている一本の銀杏の木。
冬のかれた枝から、新緑の葉が顔を覗かせていました。

誰にも注目を浴びないような場所でも、冬の間に粛々と準備を進め、
時が来ればきちんと芽吹くその姿に、大切にしていきたい
言葉を思い出しました。

「人見るもよし、人見ざるもよし、我は咲くなり」

僕の大好きな言葉の一つです。
by nao

■関連記事
 「新しい芽
 「紅葉
 「春へ
[PR]

by ippo2010 | 2009-04-22 13:04 | ■変わること変わらないこと


<< 小学校の教科書を思い出す      心あわせ >>