2009年 06月 14日
親同士のつながり。
c0067646_8342560.jpg
子どもたちがのびのびと育つことができる環境づくり。ハード面での安全安心も大切だけど、すれ違う人と自然に挨拶がされたり、大人同士が仲良くかったり、子どもたちにもよく声がかかるような町。そんなソフト面が実は大切なんじゃないかと僕は思います。

僕が住む大好きな開成町は人口約1万6千人、面積も神奈川県で一番小さい町。どこへ行っても知り合いがいて、声を掛け合える町。とても気に入っています。

あじさい祭で親しくさせていただいている男闘呼「イソザキリョー」さんとお会いしてパシャっと一枚。

by nao
[PR]

by ippo2010 | 2009-06-14 08:35 | ■楽しむこと | Comments(2)
Commented by akko-konoka at 2009-06-14 09:15
写真、かわいい...^^  なんとな~く、コロ助(キテレツ大百科)みたい。
あたたかい町ですね。

毎回思うんですが、1万6千人ってスゴイですね。
札幌って確か、190万人.... それ考えると、良い所もあるけど、
悪い所が目立つのも、なんだか、納得。
Commented by ippo2010 at 2009-06-14 18:24
akkoさん、いい町なんですよ。

どこに住んでもいいところに目を向けて喜べる、そんな心の
持ち方をしたいものですね。

東京大田区に住んでも、横浜市に住んでも、いつでも
「この町いいなぁ」って思う僕でした(笑)


<< 父親との思い出。      自分と相談する。 >>