2009年 06月 23日
兄弟
僕には4つ年上の兄がいます。とても尊敬している兄で、父亡き今は僕にとって父親と兄弟の中間の存在。相談事があって頼ると、忙しいのに時間を作ってくれて大事にしてくれる。

「二人しかいない兄弟だから、必要なときには遠慮なく支えあっていこう」

本当に嬉しい言葉でした。兄弟の存在って、ある程度年齢を重ねないと超えられない壁のようなものがあったのかも知れないけれど、大人になった今だからこそ、それが少しずつ取り除かれるのかも知れない。

そこにいるのはかけがえのない血を分けた兄弟であり、家族。

いつもありがとう。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2009-06-23 16:37 | ■変わること変わらないこと


<< 風を味方に 「88」      シャボン玉 >>