2009年 06月 25日
神奈川県による視察 「アダプトプログラム適用を目指して」
c0067646_791249.jpg
環境応援団いっぽが2001年から取り組んできた相模川河川敷における環境保全活動(美化・美化啓発・維持仕組み構築)が、一つの節目を迎える準備が進んでいます。現在、環境応援団いっぽ代表として「美化っとかながわ推進委員」にてアダプトプログラムの検討を行っていますが、その適用候補として「相模川河川敷の保全活動(現在は猿ヶ島利用者連絡会にて運営)」があります。

この日は神奈川県農政部廃棄物対策課の視察があり、相談を受けていたので環境応援団いっぽから高林スタッフがガイドしてくれました(so-ichiroさん、ありがとうございました)。

環境応援団いっぽとして、清掃美化・啓発・仕組み構築に取り組んできて、これまで大勢の方の理解共感・協力を得て実現してきた効果と実績をより主体的で自立・持続可能なものにしていくチャンスだと思っています。

拾う」だけじゃない、ごみの元を絶つために「伝える」「創造」する環境応援団いっぽ活動ならではの領域です。こうした領域で活動できることに感謝して、今僕たちに出来ること、やるべきことで貢献したいと思います。

by so-ichiro&nao

■関連記事
 ・神奈川県 美化っとかながわ推進委員就任
 ・神奈川県美しい環境づくり推進協議会 就任

■関連LINK
 ・神奈川県農政部廃棄物対策課
 ・オンタイム通信(利用者連絡会の事務局佐久間様)
 ・猿ヶ島利用者連絡会blog
[PR]

by ippo2010 | 2009-06-25 07:19 | ★IPPO活動


<< 道は選ぶだけじゃない。      「よく働き、よく遊ぶ人 拡大中... >>