2009年 07月 08日
信頼関係。
c0067646_76932.jpgスズメ。とっても身近な鳥なんだけど、実は警戒心が強いんですね。

手の上に少しだけ食べ物をのせてあげようとおもったら、全然近づいてこない。少しはなれたところに食べ物をあげて、段々近づけてきて、最後は目の前の食べ物を食べてくれました。

はじめから無理でも、信頼関係を築けばできることが多い。
優先させることは、信頼関係を作ることだ。

by nao

■関連記事
 ┗信頼(2005年06月04日記事)
 
[PR]

by ippo2010 | 2009-07-08 07:06 | ■変わること変わらないこと | Comments(4)
Commented by eohiuchinada at 2009-07-08 15:18
国内のスズメの生息数が1800万羽にとどまることが、立教大理学部の三上修・特別研究員の調査で分かった。 餌場の田畑と、巣を作る木造家屋の減少などにより、最近20年足らずで最大80%、半世紀前との比較では90%も減少したとみられる。 スズメの生息数を全国レベルで推計した調査は初めて。

調査は08年5・6月に実施。気候の偏りなどを考慮して秋田、埼玉、熊本の3県を調査地に選び、住宅地▽農村▽森林--など五つの生息環境について巣の平均密度を算出。 国土交通省が持つ建物用地や森林などの面積データとの比率を基に、巣は全国に約900万個あり、個体数はつがいで約1800万羽と推定した。
減少率は農作物の被害面積や、有害鳥獣駆除数の推移などから推定。個体数は1990年以降80~50%程度減り、1960年ごろとの比較では10分の1になった可能性もあると結論付けた。
三上特別研究員は「まだ保全の緊急性が高いとは言えないが、個体数の変化をモニタリングし、減少の原因を突き止める必要がある」と話している。
今年3月の新聞記事デス。 大事にしましょう、雀。
Commented by akko-konoka at 2009-07-08 18:22
へぇ、どおりで、チュンチュンあんまり聞こえなくなったのかな~。
朝は、カーカー、カラスばっかりです。
Commented by ippo2010 at 2009-07-08 19:22
>Dr.eoさま、いつもありがとうございます。
 スズメちゃん、こうして気軽にひとが餌をあげるから生態系をくずすん
 だろうなぁ。だれ?この写真の人。

 カラスみたいに増えているのかと思ったら、減っているんですね。

 気にしないと気付かない変化の一つですね。
 
 ちゅんちゅん。
Commented by ippo2010 at 2009-07-08 19:23
>akkoさま、
 人間がだすごみ、ごみの出し方による影響でカラスも増えちゃってるんでしょうね。
 


<< 今年初のセミの声      ホテル暮らし。 >>