2009年 07月 09日
先輩。
僕はいつもよきアドバイスを下さる先輩に恵まれています。

部活でも、モトクロスレーシングチームでも、会社でも地域でも、よき先輩に恵まれているんだなぁと思います。

高校3年生の頃、MXレース前日の練習でエンジンを壊してしまい、上は父親よりも年上のチーム仲間先輩が実家に集まってくれて夜遅くまで修理をしてくれてレースに出た思い出があります。
徹夜工事のときも、忙しい中2時間かけて現場に泊り込みにきてくれて、力不足の僕のカバーをしてくれたり、本社から支援してくれた先輩。いまでも出張先で、都内でお会いし、支えてくださっている先輩。
夜も眠れないような苦しいときに、移動中の1時間を使ってくれて会って一緒に祈ってくれた大先輩。
会社が変わっても、今尚心配をしてくれたり、情報交換をしながら支えてくださった先輩。
後輩の僕に、ご自身の弱い胸のうちを語ってくれて、慰めと励ましになってくれた先輩。

いま、こうして小さな活動を続けられているのも先輩方の支えがあったからです。
僕もだれかの「支え」になれるように、リレーをしていきたいものです。


by nao

■関連記事
 ┣モトクロスを通じて学んだこと
 ┣Restart(生かされている)
 ┗Go for it!
[PR]

by ippo2010 | 2009-07-09 08:18 | ■変わること変わらないこと


<< 島を旅する。      授業参観にて。 >>