2009年 07月 27日
時間の有効活用の矛盾と今。
c0067646_19404052.jpgかつて松下幸之助氏は「洗濯機によって主婦は過酷な家事から解放される」と言ったそうですが、手に入れた便利によってますます忙しくなってゆとりがなくなっているのは主婦だけじゃないはず。

携帯電話もモバイルPCも、早くなった新幹線も整った飛行機などの移動手段網も。できれば本来必要な面度うや手間を取り戻していく必要がありますよね。僕個人は、そうした「回帰」を重要視している一人です。

でも、今はそうも言っていられない。だからこの問題を短所・欠点としてだけ扱うことなく、ネガティブに引きずられ過ぎることなく、ポジティブに活用することで創出できる「ゆとり」もあるってことを見つけたんだ。

まさに今の僕は、家族の時間や、IPPOの時間、個人の時間を創出するためにあらゆるタイミングをチャンスとして活かす工夫をしています。

環境は受動的な要素だけじゃなく、能動的なコトも多いんじゃないかな。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2009-07-27 19:42 | ■楽しむために必要なこと


<< 5分もある。      宙(そら)へ。 >>