2009年 08月 17日
発見という学び。
c0067646_70127.jpg川で遊んでいたら、見たことがない魚(死骸)を子どもたちが見つけました。聞かれたけど「県立秦野ビジターセンターで聞いてみようか?」と子どもたちに促して、帰りに立ち寄ってみました。

スタッフさんも子どもたちの質問に快く対応してくれて、色々な写真や展示資料を使いながら「ここが似ているから、これじゃないかな?」などと子どもたち自らの発見を促してくれました。

子どもたちの発見や気づきが大事な今、素晴らしい施設とスタッフがいてくれてありがたいですね。

by nao
[PR]

by ippo2010 | 2009-08-17 07:00 | ■楽しむために必要なこと | Comments(2)
Commented by akko-konoka at 2009-08-17 19:50
いやいや、これは良い勉強法ですね!!!!
子供達が、イキイキ勉強出来る&したくなる方法だと思います。
施設の方も、学校の行事でもなんでもない時に、親切に教えてくれるなんて、読んでて カンドーーー!!!! です。
Commented by ippo2010 at 2009-08-18 08:41
akkoさん、おはようございます。
本当にいい施設をいい運営をしてくれるスタッフがいてくれて
僕も感激でした。嬉しくて置いてあったアンケート書き込んじゃいましたもん。

イキイキとした勉強、生きた勉強とはまさにこれ。
ステキでした


<< 出張の寄り道      川の遊び 「堰き止め」 >>