2010年 02月 14日
プロジェクト報告会。
難易度AAAのプロジェクト。
チャレンジしたくて頑張ってきて、気持ちよく打ち上げてきました!

高い目標にも限度がある、なんて言っていたPJメンバーも、予想外の成果に自信というよりも不思議な感じを抱いていると話してくれました。できるから目標を立てるんじゃない、目標があるからやるし、達成できるよう工夫するんですよね。

はじめの営業提案からお世話になったお客様から、

「この人と仕事したいと思った、その感覚が大事なんですよ」

と、こっそり嬉しい言葉を頂きました。33歳になり、少しずつ若さゆえのハンディ(と感じているだけかな)も減ってきたのか、それとも実績を重ねていくことで言葉に、これまでの活動での苦労が重みが与えてくれているのだろうか。ココロに感謝のうちに仕舞ながら、メンバーのみなさんと笑顔で御礼&挨拶を交わしました。

高い目標を超える時に必ず思い知るのは、お客さまとの協働・相乗によってしか
成果を出すことは出来ないという本質、自分たちの役割と存在のなのでした。


ありがとうございました!
この一瞬の喜びのために、そしてまたチャレンジです!
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2010-02-14 03:02 | ■変わること変わらないこと


<< Hanaの成長。      男子の部屋って。 >>