2010年 03月 15日
あるのではない、創るのだ。
c0067646_17163866.jpg
会社の同僚(事業戦略系で活躍する先輩)の隣に座って(弊社はフリーアドレス・デスク)、とても大切なことを学びました(正確に言うと感じました)。ブルーオーシャン戦略はご存知の方も多いと思いますが、その本質は「創出」だと。コンサルタントになる前の経験も事例に挙げてもらいながら、具体的な進め方や楽しみ方を教えてくれました。

コンサルティングスキルのひとつとして「軸の設定力」が挙げられますが、世の中にある一般的な軸を使うのではなくて、自分で未来を創造して、顧客価値を感じながら作り出すことが楽しいし面白いと。見えなかったものが見えるようになり、見えていたものが全く別のものに見えてくるのだということ。
これは大変共感するところでした。

自分の考え、自分のコトバじゃなきゃ、お客様に伝わらないでしょ。

専門得意領域が異なる同僚との議論、熱い想いがある同僚とのコミュニケーションはなんとありがたい学びの機会でしょう。たった45分程度、でもすっかり魅了されて、僕自身の仕事へのモチベーションが高まった濃い時間でした。感謝します!

僕のスケッチブックも、いつも「思考」「発散」「集約」でいっぱい。
誰が見ても分からん「NAO文字」だけど、本人にはいい感触なんですよねー。

個性ある人はみんなそれぞれ「自分のツール」を駆使していて面白いです。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2010-03-15 17:18 | ■楽しむために必要なこと


<< ShortGAME.      10YEARS. >>