2010年 04月 21日
僕は最初のフォロワーになれるか。


僕にとって、とても大切な教訓が示されています。
僕ははじめのフォロワーになれるか、そして改革のなかにこの理論を展開していけるか。

最初の何人かのフォロワーを対等に扱う大切さ
肝心なのは自分ではなく運動だということ
1人のバカをリーダーに変えたのは、最初のフォロワー
本当に運動を起こそうと思うなら、ついて行く勇気を持ち、他の人達にもその方法を示すこと
スゴイことをしている孤独なバカを見つけたら、立ち上がって参加する最初の人間となる勇気

今は200人を超える参加者が集まってくれる相模川のゴミ拾い活動も、
考えてみたら愚直に拾っていた僕たちをフォローしてくれたひととの出会いが起点だったんですよね。

今一度謙虚に、そして感謝を覚えたいと思います。




c0067646_6144048.jpg


c0067646_6171660.jpg


c0067646_617428.jpg


c0067646_618136.jpg


猿ヶ島利用者連絡会の佐久間さんに感謝をこめて。
そして、大切なことを教えてくれた山崎先輩にも。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2010-04-21 06:19 | ■楽しむために必要なこと | Comments(0)


<< クレームこそ大事に。      ひとが持つ基本的なエンジン。 >>