2010年 06月 16日
小さくて、大きなもの。
クライアントからの帰り際。

タクシーチケットを渡しに来てくださった総務の方が
「これ、よかったらどうぞ」と小さなケーキをくださいました。

チケットには付箋紙が一枚、親切な一言を添えてくれていました。

たった1杯の水が心をも潤してくれたように、その心遣いに感謝の気持ちが沸いてくるのです。

本当にありがとうございました。



僕も、誰かにとってそんな存在になれますように。
by nao

関連記事「一杯の水
[PR]

by ippo2010 | 2010-06-16 18:07 | ■変わること変わらないこと


<< 創造時間。      K2 >>