2010年 07月 06日
僕たちの救い。
生きているといろいろ困ったことに直面しますよね。

問題そのものがなくなるように涙と共に祈っても、
翌朝になっても、翌月になっても一切応えられないと感じることも
あるかもしれない。

でも、必ず大きな計画のうちにあって今自分に必要な試練、または将来の優しさのための心の糧になるのだと理解できれば、問題そのものがなくならなくても、問題が問題でなくなる経験ができるはず。長く深いところで、祈りは応えられていて、いつか「あの経験があったからこそ」と言える日が来るものだと思います。

それが、僕たちの救い。
そして、僕の助け手。

本当にありがたいことです。
どんなに順風の中をいく日にも、逆風の中を身を屈めて歩む日でも
このことを忘れないようにしたいと思います。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2010-07-06 05:32 | ■変わること変わらないこと | Comments(0)


<< 歴史に触れる。      習慣というチカラ。 >>