2010年 07月 13日
前向きは、楽観とは全く違う。
c0067646_23141991.jpg
僕たち一人ひとりが与えられた個性を感謝して受け止め、自分の宝物を人と比べることなく誇らしく掲げ、自分が自分らしく活躍するべきところで逃げることなく誠意を持って努力し、結果を出し続けていくこと。これは時々僕自身を励ます言葉、慰めの言葉かも知れない。

前向きな心を育ててくれた両親、兄に感謝します。

そして、何でも自分が想いたったら行動し続けてきた周りのみんな、いつも赦してくれてありがとう。前向きなココロって、自分ひとりじゃなくて周りのみなさんによって育んでもらったものも多いと思う。一方で、決して楽でもなく、物事を簡単に考えているわけでもなくて、色々な事情があることを事前に受け止め、更に大きな計画のうちにあることを信じつつ、向き合っていくことの連続。

「確かに難しい局面かもしれない。でも、そのなかでできることからはじめるとすれば、何だろう?」って思考し、行動していくことに他ならないんだ。

決して楽ではありませんが、習慣になると力が抜けたなかで実践していくことができると思います。そして時には、勇気ある停止、脱却も含めて。これまでも僕を支えてくれた考え方のひとつであり、これからも大切にしていくであろう気持ちをWEBlogしておきます。

by nao
[PR]

by ippo2010 | 2010-07-13 23:14 | ■変わること変わらないこと | Comments(0)


<< 雨の中のキャッチボール。      TAKA58 part2.0 >>