2010年 10月 21日
語り尽くせぬ青春の日々
c0067646_64005.jpg
かたい絆に想いをよせて 語り尽くせぬ青春の日々
時には傷つき 時には喜び 肩をたたき合った あの日

あれからどれくらい経ったのだろう
沈む夕陽を いくつ数えたろう

故郷の友は 今でも君の 心の中にますか

乾杯!今君は人生の大きな 大きな舞台に立ち
遥か長い道のりを歩き始めた君に 幸せあれ

                           (乾杯:長渕 剛)

この歌をはじめて聞いたのは小学校6年生。
全寮制の中学校を卒業する兄たちが、涙涙の中で熱唱していた記憶があります。

ずいぶんと感動して、テープをもらって何度も何度も聴いたっけ。

あまりにも定番かも知れないけど、聞くだけで涙ぐんじゃう歌の一つで、
つらいことがあった時、めげそうなときに「原点」に戻れる歌の一つ。

乾杯!
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2010-10-21 06:45 | ■変わること変わらないこと | Comments(4)
Commented by akko-konoka at 2010-10-23 10:26
間違いなく!!!!
間違いなく、青春の日々は語りつくせませんね!!!!

こうやって、文字で歌詞を読むと、さらに、いい歌ー。

へぇ、この歌を卒業式で!! シブイっすねー。
ちょっと、動画見てこよー(笑) ひたって来ます。
Commented by sumi at 2010-10-23 15:59 x
生まれて初めて買ったCDがまさにこれですよ。
渋いでしょ。
Commented by ippo2010 at 2010-10-24 11:39
akkoさん、間違いないですよね!

なんか最近、昔の歌を聞き返して「良い歌たくさんあったなぁ」と
思うことばかり。おじさんになったかな。

浸ってきてくださいね^^
Commented by ippo2010 at 2010-10-24 11:40
Sumiちゃん、渋いねー。
でも、いいねー。

僕なんて、Xだったもの(笑)


<< 小さい秋、大きい秋。      天職と転職。 >>