2010年 11月 15日
「限られているから価値がある」
c0067646_2226343.jpg

忙しくなるほどに、休む時間も楽しむ時間もつくり出す。
それが、僕の流儀と言っても過言ではないかも知れない。
1日の時間がもっと多ければ、と願ったこともあったけど、今は


「限られているから価値がある」


と心底思っている。
花火の美しさ、夕焼けの輝き、短い花の命と同じ。
限られているから、価値がある。

そんな貴重な時間を割いてでも、休む時間を積極的に取るし、
子どもたちとの時間も大事にしている。

ご存知の通り、GOLFの時間も取るわけです。

その遊んでいる時間に「仕事のことを考えるとあせる」なんてことは
一切ありません。


「仕事のためになる」と信じきっているからです。


それにしても、忙しさもピークだなぁ。
深い休みが欲しいなぁ。

箱根湯本の温泉で、Takaさんと休息。
いつもありがとうございます。
by nao

■関連記事
 ┣温泉。(2009年12月記事)
 ┗積極的休息。(2010年4月記事)
[PR]

by ippo2010 | 2010-11-15 22:38 | ■楽しむために必要なこと


<< これも原理原則。      Shot NAVIの進化。 >>