2011年 04月 18日
「思考」
c0067646_1231351.jpg

ひと言で思考と書くと簡単だけど「思いがあって考える」という
順番にも小さな感動を覚えます。

仕事にはいくつか種類があって、創造していく想いの仕事、想いを具現化していく
ために考え抜く仕事、実際に行動していく仕事。そして見直しも含めてまた創造していく。
こんな仕事のサイクルが世の中にはあるように思います。

どの仕事にも「思考」は求められますが、特に「創造」においては
想いと考えることの双方が強く求められるステップだと思います。

最近でこそ、書店に「思考の技術」といった本が並んでいますが、
案外学校でも学んでこないトコロなのかもしれませんね。

技術も大事ですが、僕の場合はいつも環境にこだわります。
早朝の静かな時間、景色がきれいなカフェ、静かな夜の書斎も良いかも知れません。
ペンとスケッチブックがあればOKです。資料はいらない。まず地アタマで考えることが
とても大事です。考えたことをまとめてから、外の情報を見たほうがチカラがつきます。

人それぞれだと思うけど、自分のパフォーマンスを高く発揮するための
コツを自分自身で理解しておくと便利です。

僕は、紹介したほかに、ちょっとした空き時間に散歩しながら考えたり、
朝の閃きをきっかけにするときもあります。クライアントさんには、ひたすら
ジムで走り込んでいる際に考えているという人もおられました。

本当に面白いものです。

大事なことは、いつも「想う」こと。
それが、意外なヒントや師匠に出会えるための条件のように思うからです。

そんなことを感じたので、自分へのメモにweblogしておきます。

皆さんは、どんな工夫をしてますか?
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2011-04-18 12:44 | ■変わること変わらないこと


<< それぞれの昼休み。      遊びが学びに。 >>