2011年 12月 02日
使命感、それも教わったこと。
c0067646_6164860.jpg

【宣言】
安全なくして、モノづくりはありません。

でも本質的には安全は存在しないのですね、どこにも。
私たちが「安全」といっているのは、いろいろなリスクの中でも許容できると
考えたものを常に保有している状態であって、完全に安全な状態はどこにもありません。

だから、常に知恵を使って変化する状況の中で管理が必要です。
m-SHELLモデルをベースに、個と組織で具体的に実践できるヒューマンエラー対策
プログラムが形になってきました。試験運用では感触上々です。

安全第一と掲げる現場は多くても、実際に本当に現場のこと、現場で働いている人のこと、その家族のことを思って取り組んでいるかどうか、自問自答しながらリーディングしたいと思います。

プラント建設現場でお世話になった大手化学メーカーの安全総括のSさん。「俺の仕事は安全に家族のもとにナオ(こう呼んでくれていた)を帰すことだ」と厳しくも温かい表情で伝えてくれました。悲しい事故を経験したSさんの言葉には深い愛情があり、その現場での徹夜工事の夜、僕は涙を流した思い出があります。

今はモノづくり革新を担う仕事を通じて、僕は大切なことを「具体的」に進めていくことにこだわって取り組んでいます。グローバル化していくモノづくりの前提条件として、大切なことに妥協なく知恵と行動を。

僕の今のミッションはエネルギー革新が中心だけど、事業所の協力を得ながら、次期テーマの一つとして学習と実践をはじめています。僕が本当に恵まれているのは、自分の会社の国内の現場皆様はじめ、
前職でお世話になったクライアントのみなさまが、応援してくれて、いつも学ばせて頂ける点です。そして理解あるBOSSや先輩方の下で、行動できること。

感謝のうちに使命感を持って続けていきたいと思います。

自分との約束で、宣言。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2011-12-02 06:17 | ■楽しむために必要なこと


<< ものづくり同窓会。      年末恒例 第4回なおりんこカッ... >>