2012年 03月 11日
希望の光を見失わない。
3.11から一年が経ちました。
地震発生時刻、開成町の河川敷で子どもたちと一緒に迎え、黙祷を捧げました。

昨年は輪番停電を経験しましたね。

光を失うことの不便さを痛感した生活の先に、
被災地の方々の苦悩や不安を思うと大変辛かったことを覚えています。

僕は現地に入っているわけでもないし、
直接支援ができるような存在ではないのだけど、
祈りつつ自分がすべき奉仕を続けていこうと思います。

あらためて、祈りたいと思います。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2012-03-11 14:46 | ■変わること変わらないこと


<< 手間という楽しみ。      リフォーム。 >>