2012年 03月 14日
木星と金星。
c0067646_5543029.jpg

岩見沢の夕方、ミーティング終わって、懇親会までの時間に仕事の整理してたら
窓からこの景色。毎回感動させてもらっています。

金星と木星が近くに並んだ奇麗な空をみることができました。
北海道の夕焼け、これからも素敵な場面に出会えるのが楽しみだなぁ。

by nao






「日が暮れてすぐの西の空には、金星と木星が見えています。金星はマイナス4.2~マイナス4.4等、木星はマイナス2.2~2.1等と非常に明るいので、 夕焼けの残る空でも、とてもよく目立っています。
3月の宵空では、この2つの惑星が日々位置を変えていく様子を見ることができます。特に木星は3月下旬に向けて急激に高度が下がり、金星との位置関係がどんどん変わっていきます。3月上旬、木星は金星よりも空の高いところにありますが、3月中旬には金星とほぼ同じ高さとなり、さらに3月下旬には金星よりも低い位置へと移動します。特に13日、14日には金星と木星が3度まで接近し、とても美しい眺めとなります。(国立天文台webより引用)」
[PR]

by ippo2010 | 2012-03-14 05:57 | ●雲・空・宙


<< 軸。      変わらない場所。 >>