2012年 06月 19日
生きている価値
c0067646_615532.jpg


「人間、価値があるから生きているんじゃなくて、
 生きているから価値があるんだ(愛と祈りで子どもは育つ:渡辺和子著)」

 体の弱い16歳の女子高生が、新聞に投書をした文書だそうです。

「使命」とは、命を使うと書きます。実は僕自身も使命感を大切にしていますし、
 自分の仕事感や存在使命を意識して毎日を過ごすようになりました。
 これはとても辛い時期のなかで「そんな僕でもできることがある」という
 気持ちが原点だったことをよく覚えています。最近はたまに誤解をされますが、
 決して順風満帆に来たわけでもないし、いるわけでもないと思います。
 人間、それぞれ重荷を背負っているものですよね。

世の中の物差しでみた時に何の価値も感じ得ないような状況の中においてこそ、
「そんな自分でも生きているというだけで意味(価値)がある」と思える心こそが
自分にも人にも温かく生きる秘訣かも知れません。
どんな人間にも存在価値があるということをわすれずに、自分も他人もいただいた
命を感謝して大切に生きていきたいと思います。

感謝を込めて。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2012-06-19 06:01 | ■変わること変わらないこと | Comments(0)


<< 前田塾      実現しましたね。 >>