2012年 12月 28日
納会と振り返り。
c0067646_521100.jpg

入社して2回目となる納会、今年は京都で迎えました。
今年は世界1周を含め、国内外180日を出張して過ごしました。

自分のテーマ以外に、自主的に現場とはじめたテーマ2件。
新たにはじまったプロジェクトが4件。変革塾が終わり、際塾がはじまりました。スペシャリティ職も手を挙げました。海外ではアメリカ、オランダ、ドイツ、韓国、中国。国内は北海道から九州まで飛び回りました。夏の京都の風物詩、五山の送り火では妻も一緒に迎えて頂きました。普段出張が多いなかで、職場の皆様を紹介できたことはよかったなぁと思っています。社内経営スクールの同期の皆様と色々な会社のケーススタディを学び、社内外の現場を拝見し、幹部の方から直接学ぶ機会を頂きました。世界子どもエコサミットによるエコな人表彰にもエントリーさせて頂きました。失敗との出会い、無力さとの出会い、これこそまた大切な宝物。たくさーんの反省もあり、無力さを痛感させられることが多いのですが、そんな僕でも個性として受け入れてくださって、赦して下さっている職場の皆様にただただ感謝です。

チャレンジする機会が与えられ、チャレンジさせてもらえる上司・同僚に恵まれ、その機会を通じてまた壁にあたり、壁で鍛えられ、助け手も与えられ、出会いもある。毎年コレにつきるのだけど「人」のつながり、出会いに感謝です。

素晴らしい上司、プロフェッショナルな先輩同僚、温かく迎えて下さる現場の工場長やマネージャー、スタッフの皆様。カッコいいモノづくり現場の皆様。喫煙ルームで仲良くなった協力会社の方や、食堂のおばちゃん、掃除のおばあちゃん。いつもお世話になっているホテルの方や、仲良くなってきたタクシー運転士さんも、懇親会でお世話になるお店の皆様にも、いつも沢山笑顔を頂いていて、有り難い存在です。前職の皆様にもお世話になりました。前職でお世話になったクライアントさんたちとも立場が変わっても、大切な関わり合い、つながりが持つことができています。そして、家族に感謝です。深い理解と、いつも支えてくれてありがとう!

仕事で訪れる度に笑顔で挨拶ができる人が増えて「居場所」が増えて、そんな人たちと真剣に仕事して、想いっきり笑っていける。これを書いていても涙が浮かんでくるくらい、恵まれていて感謝し尽くせません。

来年は3年目になります。「会社に仕事をしにくるのではなく、動かしにこい」というCEOの言葉を素直に受け入れて、愚直にやりきってみようと決意しています。祈りと感謝のうちに迎え、健康に働くことができる喜びと、生かされているという使命感を持って貢献していきたいと思います!

一年間、お疲れさまでした!ありがとうございました!
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2012-12-28 05:38 | ■変わること変わらないこと


<< デイリー信楽「雪で途中クローズ」      札幌伊丹線JAL >>