2013年 01月 14日
人間は努力する限り迷う
c0067646_7272125.jpg

個人研究テーマと10月から向き合っています。
元々数年来の問題認識を持っての研究ですし、5月からはじまった際塾を通じてより具体的な学びの機会も頂いています。しかし、提言ではなく実行していくための戦略・計画を宣言するつもりで企画を詰めていくと色々迷うことがふえてきます。真剣になればなるほど、より具体的になればなるほど悩みは深まるものですね。

最終的には「絵」の段階でいくら迷っていても、これでいく!と決めたら実践しながら問題なんて解決していくものなのだろうけど、立地と構えは正しくしないといけません。ここ3週間は「産みの苦しみ」です。でも、その苦しみも迷いそのものにも学びがあることを知っているので、楽しんでいます。不安ですけどね^^

「人間は努力する限り迷う(ゲーテ)」

大切なことは迷い抜くこと。
迷い抜いた先には、必ず解決があるという希望を持って。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2013-01-14 07:34 | ■変わること変わらないこと | Comments(0)


<< 高校の同級生たちと。      砂研鑽会 >>