2016年 06月 14日
アイアンマン70.3 セントレア常滑
アイアンマンレース、70.3マイルに初挑戦してきました。目標タイム内で完走出来たものの、悔しい思いもたくさんあって、次への意欲が倍増するレースとなりました。
何より、これまでのスプリントやショートでは味わえなかった魅力を知りました。

家族をはじめ、ストラーダトライアスロンクラブの皆様、応援に来てくれた仲間、常滑市はじめ地元の皆様の深い理解と協力があってこそ、素敵な経験をさせて頂いたなぁと改めて感謝しています。

1,000人規模で110kmもコース取りをするレースは、交通規制もエイドステーションもライフセーバーさんたちも、多くのボランティアスタッフさんの献身的な協力なくして成り立ちません。選手として参加しましたが、辛くなってから苦しんでいる時にその有り難さを一層感じました。

特にバイク後半コースで、幹線道路の上を渡る時に道路をみたら、大変な渋滞になっていました。地元の方々に負担をかけている申し訳なさも感じました。そんななかで、ランパートでは行く先々で温かく声をかけて頂き、後半のエイドステーションでは、ゼッケンと名前を見て頂いたのか『前田さん、あと少し頑張って!』とまさか僕の名前を呼んで励ましてくれたお母さんも!「なんで名前を?!」って聞いたら『ゼッケン476番、前田さんでしょ?知ってるんだからー^o^」って。感激しました。

18km付近のエイドステーションでは、8歳になる男の子が、アタマから水をたくさんのかけてくれて、応援してくれました。出る時にハイタッチした手が柔らかくて、ウチの子たちの小さい頃を思い出しながら走れました。

こんな感動を味わえるのはアイアンマンならではなんだろうなあー!ゴール後にLUMINAさんと話してたら、宮古島のアイアンマンを勧められました^o^
もっとじっくり鍛錬積んで、2年後までに挑戦するぞ!!

ストラーダ井上社長、素敵なサポートと、これまた素敵な嬉しい写真の数々をありがとうございました!
c0067646_07210151.jpeg

[PR]

by ippo2010 | 2016-06-14 07:09 | ●ジョギング・トレーニング


<< 幕張トライアスロン(スプリント...      「誰でもできることを 誰もでき... >>