2005年 11月 19日
ビーチで遊ぼう!
c0067646_717764.jpg久々に、Beachclub活動に参加して、遊んできました。

我が家の「マジイエロー」も、黄色のウェットスーツを着て、ごきげんの様子。
ポーズもこの通り決まって、3頭身レンジャー参上です。

冬の綺麗な空の下、久々似合うステキなスタッフとお友達と一緒に、チョコフォンデュを楽しみました。
ミルクに、たっぷりLOTTEチョコレートを溶かして、バナナやマシュマロやイチゴなどにつけて食べる!おいしかったッス。

子供たちも風邪気味だったけど、青っぱなを振り回しながら楽しんで、Kaoriはビーチでヨガでのびのび。僕は久々に緊張を解いて、リラックスできる時間でした。


Beachでは、有賀さんWARM-UPの源さんと久々にお会いして、色々とお話をすることができました。After_Beachでは、尊敬するShou-P先輩の家に家族でお邪魔して、貴重な勉強をさせてもらいました。

とっても充実した有意義な一日でした-。
お世話になった皆様、ありがとうございました!
[PR]

by ippo2010 | 2005-11-19 23:58 | ■楽しむこと | Comments(6)
Commented by hima00aya at 2005-11-21 18:44
マジイエロー君の、ごきげんさが伝わってくる1枚ですね☆
チョコフォンデュ、おいしそう~!昔、チーズフォンデュならした事があります!ビーチでのびのび素敵だわ^^
Commented by ippo2010 at 2005-11-22 09:17
すてきでしたよー。寒さとチョコの温かさが絶妙。
それと、砂が混じって、やわらかい食感とガリガリのGAPも、楽しさを一層引き立てていました。
Commented by show-p at 2005-11-22 12:57 x
Naoさんの声掛けで参加し始めたBeachclub。
それがきっかけで湘南に移り住んで早や4ヶ月弱。
仕事柄、大手から中小企業の経営人事課題に携わることが多いのですが、BeachclubやIPPOの活動はその課題解決の源泉であると言っても過言ではありません。
Commented by show-P Ver2 at 2005-11-22 12:58 x
私の子供たちを見てもそう感じます。
最近の遊びは、「室内遊び」「テーマパーク」が遊びの主流です。
もちろんお金をかける遊びも悪いものではありません。しかし、それらで本当の満足や遊びの本質を学ぶには少し不十分です。

考えてみれば、室内遊びやテーマパークは、主催者も来場者も了解して成り立っているフィクションでありファンタジーと言っていいでしょう。

これは「遊び」に限らず、現在の私たちにおかれている環境の一つの流れといってもいいかもしれません。
しかし自然が多ければ多いほど子供の豊かな表情はよりリアルであったりします。
Commented by show-P Ver3 at 2005-11-22 12:59 x
私も、ここ10年くらいは自然と対峙して遊ぶことはあまりありませんでしたが、最近はより自然を求めて移動するようになりました。
やはり、親として、いつも子供のリアルな笑顔を求めたいと思うのは当然です。特定のファンタジーや幻想話から作られたフィクションと、偉大な自然から作り出したリアルでは勝負にならないのです。

この基本的な発想も、仕事や生活に活きています。

ちなみに、参加してからの個人的成果はビーサン飛ばしがやたら上達したことです。
Commented by ippo2010 at 2005-11-23 06:37
Show-Pさん、ありがとうございます!

”REAL”、大事なんですね。なんだか、子供にREAL・・・の前に、
このことを伝えていく僕が本当に”REAL"を知らないといけないなぁってつくづく思う今日この頃です。

show-Pさんのコメントを読むと、わかりやすいのでイメージできました。

人工的に造られた遊び場では、表面的な安全とわかりやすい楽しさがあっても、危険を見極める力や、
危険に対処する方法、予防する方法、また創造的に楽しさを生んでいく能力を伸ばすことが出来ない。

これには、REALな環境が必要なんでしょうね。
本当に楽しむために必要なこと、「REAL」。今日の学習です。


目の前でのShow-Pさんのビーサン飛ばしに感動・・・。
巨人の星のようなトレーニングをされているとか・・

僕も、(遊)全日本社会人ビーサン飛ばし委員会強化合宿に入ります。。。


<< 猿ヶ島利用者連絡会      ご褒美 >>