2006年 01月 09日
多摩川の土手で
c0067646_850094.jpgKAORIのチア練習や打合せの時間に、子供たちと遊びました。
場所は多摩川の土手。金八先生たちが歩いてそうな土手を、ごろごろ転がったり、ダンボールですべったり、ボールを転がしたり・・・・子供は遊びの天才です。

僕も誤って「DOG-BOMB=犬の糞」を触ってしまというハプニングを楽しみながら、芝生を全身に巻きつけながら楽しみました。

その後、駐車場でスーツに着替えて、芝生を髪につけながら東北へ出張しましたとさ^^


子供たちは、海岸でも土手でも、不平不満を漏らさず全身全霊で楽しむことができる
天才だなぁと改めて感心させられました。

by nao
[PR]

by ippo2010 | 2006-01-09 08:43 | ■楽しむこと | Comments(2)
Commented by hima00aya at 2006-01-12 10:14
自然で遊ぶ、これは本当今の子達には大事ですよね!
誤って、触ってしまうのもまた思いでです(笑)
ダンボールもすべりますが、米袋はかなり滑りますよ☆オススメ!
Commented by ippo2010 at 2006-01-13 09:29
米袋!!!(考えたことなかったけど、滑りそうっ!)

次回、実施します!
本当は、ダンボールに紐でビンディングにして、ドテボード(自作)をしたいと思ってました。
紐がなくて、ドテサーフィンしたら、あまり曲がれなくて、最後は転んだし^^

結構楽しめます!


<< 久しぶりの雨      足あとのない雪野原で! >>