2006年 09月 05日
毎日の再生

『私は実に多くの仕事を持っているので、
どうしても毎日3時間を祈りに用いなければ、それをやっていくことができない。 』
                        ― マルティン・ルター(Martin Luther) ―

宗教改革で有名なルターは祈りの人であったと伝えられています。
忙しい中でも、毎朝神に祈りをささげ、心の再生を大事にするルターに
僕たちも学ぶことが多いように思います。

忙しい日々に没頭することで目的を見失い、人生の意味や夢について考えることなんて
「やるべきでないこと」として心の整理をつけている・・・。
「活動の罠」に陥ることがないように、忙しいときこそ再生の時をとる
ことの大切さを、覚えて歩みたいと思います。

朝の散歩、月夜に散歩。
海を眺めたり、山を見上げたり、静かに自然の音に耳を傾けたりさ。

忙しい、だからこそ。

by nao
[PR]

by ippo2010 | 2006-09-05 07:22 | ■変わること変わらないこと


<< 実りの季節を迎える      防災訓練 >>