2006年 09月 08日
実りの季節を迎える
c0067646_16474763.jpg5月末に、田植えのblogを書きました。
あれから3ヶ月と少し経って、稲穂に色がついてきました。

  「思いの種を蒔いて行動を刈り取り、行動の種を蒔いて習慣を刈り取り、習慣の種を蒔いて人格を刈り取り、人格の種を蒔いて人生を刈り取る」

古くからの有名な言葉ですね。
人生においては、種を蒔かねばなりません。そして発芽し、育て、実る。さらに習慣へ、習慣から人格、人生につなげていくためには、何度も繰り返し蒔き、成長していく必要があるといいます。農業の法則に学ぶことは、多そうですね。

便利な世の中、スピードや効率だけをもとめるのじゃなくて、たまにはスローで、アナログなことに目を向けていくことが、大切かもしれません。

風雨に耐え害虫や雑草の課題を超えながら実りをみせる稲穂。
一言もしゃべらず、ゆっくりと成長する稲穂が、多くを教えてくれています。

田植え
[PR]

by ippo2010 | 2006-09-08 16:52 | ■変わること変わらないこと


<< 海岸美化シンポジウム      毎日の再生 >>