2006年 10月 26日
手紙
c0067646_7461322.jpg30歳を迎えた僕が大切にしていることがあります。
そのうちのひとつが「アナログ化」です。

たとえば電子メールじゃなくて、手紙。

メールの3倍くらい時間がかかるけど、この方が、気持ちも伝わるよね。

前職での尊敬する先輩、また同年代の尊敬する親戚が、やはり手書きやアナログを大事にしていました。僕にできること、なるべく会う。そして手紙。

ものには効率、人には効果。
効果的なものは、決して効率的とはいえないのだと思います。

by nao
[PR]

by ippo2010 | 2006-10-26 12:00 | ■変わること変わらないこと | Comments(4)
Commented by Marky at 2006-10-26 18:23 x
>手紙
私は敬愛を込めて「原始メール」と呼んでいます。
しかも原則として鉛筆・シャープペンシルはNGというルールも
併用していたりします。
普段から職場で「ホワイトボード」とかを活用していると一発書
き損じなし・・ により一層近づくことが出来ますね。
うーん、確かにいいもんです。 アナログ。
Commented by ippo2010 at 2006-10-27 09:16
Markyさんは万年筆でしたっけ?
僕はまだZEBRA80円ボールペンでがっつり書いています。

字を書くこと、手で書くことって大切な気がします。

僕も、お客様の前でプレゼンテーションをし、ホワイトボードで
色々書き出すことが多いのですが、この7年、20冊近いノートを
コツコツ手書きしてきてよかったなぁーとつくづく思います。

アナログ、いいですよね!
Commented by やす at 2007-01-13 22:21 x
まさに
非効率でも人に効果・・・・・
すごくしみる言葉ですね。

マーキさん
原始メール。HITです。

ただ、これから自分の職場では
そういった非効率なことや理不尽だったり意味不明だったり
することが多いんだろうと思っていただけに・・・・・しみます。

人には低いところから高いところまで色んな人がいるんでしょうね。
僕はこれから
そういった人を助けられる医者みたいな存在になりたい。

ここのBlog
たまにしか覗けないけど、いーよね。
Commented by ippo2010 at 2007-01-17 15:06
>やす、コメントありがとう。
 
 >人には低いところから高いところまで色んな人がいる

とあったけど、
きっと「人の中には、低い質のものから高い質のものまで色々な可能性がある」んだと思います。

その色々な人の可能性に、やすの人柄が触れて「ぽっ」っと灯がともるような仕事をしてください。やすなら簡単だと思う。尊敬&応援していますよ。


<< 東北人      ひと足先に冬体験 >>