2006年 11月 10日
開成町環境推進基本計画推進会議(第3回)
3回目の「開成町環境基本計画推進会議」。
都内での仕事を足早に切り上げて、小田急線で企画書を作成・整理。
ダッシュで会議室に滑り込みました。

c0067646_8583243.gif

委員の方々とも、笑顔で挨拶し、冗談を交えながら町の環境について
楽しく語り合えるようになってきました。

平成23年までの環境基本計画について、僕が班長を務める
自然環境班の重点テーマの見直し・修正に関する意見交換をし、
重点プランの推進及びプロジェクト推進管理指標の見直し、アクションプランの
具体的な内容の見通しが立ってきました。

開成町の歴史とほお同じ歩みをされてきた先輩方から、町の歴史、自然の変遷
について楽しい話を聴くことができました。また、開発が進むことを受け入れる一方で、
取り戻したい開成町ならではの緑豊かな水辺の環境づくりについて「あるべき姿」を
語り合い、妄想ではない「夢目標」を立てることができたと思います。

先輩の話は僕にとって新鮮で、町の歴史、町民の人の思い、町が抱える課題を
知るよい機会になりました。これは感謝です。

自然環境を対象にみても、その改善には近隣市町や県、また街づくり、
人づくりまで多岐にわたる検討視点を持たねばならないことにすぐに気づきます。
かといって、外部環境に対する批判・否定をしていても、何もすすまないんですね。

行政批判や、開発批判をするだけではなく、そのような「外部環境」となってしまう
周辺の変動や受け入れざるを得ない事柄を見据え、意見は出しながらも
行動はローカルかつ「今できることから一歩ずつ」という姿勢が自然と生まれました。

”Think Globally,Act Locally”の理念は、ここ開成町でも芽生えています。

せっかく10年後、20年後の開成町の環境について意見が出せる会議ですから、
ワクワクしながら本音の話し合いを持てるように貢献したいなと感じました。

開成町の方々をはじめ、担当コンサルタントの皆様、会長をはじめ委員の皆様、
ありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

by nao
[PR]

by ippo2010 | 2006-11-10 09:10 | ■楽しむために必要なこと


<< 仲間とGOLF      GINZA SK8 >>