2007年 01月 15日
どんど焼き
c0067646_9121584.jpg開成町の田んぼで、毎年恒例のどんど焼きが行われました。自治会・子ども会の単位で、大きな火を囲んで、団子を焼きながら、集まっています。

僕の生まれた地域では、このような習慣が残っていませんでしたが、ここ開成では今も大切に執り行われていました。田んぼの上に集まる季節を感じる行事でした。

開成町環境基本計画推進会議でお世話になっている元・中学校の校長先生にもお会いし、太鼓を教えてもらい、たたいてきました。

子どもたちと一緒に、リズムを覚えて、町の文化を感じたひと時でした。

by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-01-15 09:20 | ■楽しむこと | Comments(2)
Commented by akko-konoka at 2007-01-15 21:43
そちらでは、どんどん焼きと言うのですか??
我が家の地区では、【どんと焼き】と言うみたいです。

そして、今年、ダラダラしていたせいか、どんと焼きに正月で使った、しめ縄などを持って行ったが、もう終わってしまってました。

何だか、モヤモヤが残りつつも、家にしめ縄をもって帰って来たってのが我が家です。
Commented by ippo2010 at 2007-01-16 12:20
地方によってもぜんぜん違うんですね。
近所でも、山をひとつ越えると呼び名が違うそうです。

季節もの行事は、習慣になると楽しみですね。


<< 雲上の出会い      2007 >>