2007年 01月 17日
雲上の出会い
SEOUL行きの飛行機で、隣席の韓国人の方から日本語の語意を尋ねられました。
日本語の本を読んでいて、意味がわからない言葉があったそうです。

残念ながら、僕も知らなかった難しい言葉でしたので、
「僕も勉強になるので、調べてご連絡しますよ」と応えました。

それを機会に、僕の仕事や僕が呼んでいる本について
質問をして頂いたので今度は僕も相手について尋ねると、
「今日の日経新聞を読みましたか?そこに出ていますよ」といわれました。

日経新聞には、韓国最大手の証券会社と日本の証券会社との業務提携の記事が
出ていました。今回の出張は、業務提携に際しての社長同士の調印式典だったそうで、
よりによってその方は、韓国最大手の証券会社の社長さまでした!

その後、お互いの国の話や、景気・企業の取り組み、家族、食事の好みなど、
いろいろ雑談をしました。その中で「環境応援団いっぽ」についても紹介し、
韓国での環境活動やその方自身の想いなども伺うことができました。

最後は、「前田さん、これも何かの縁です。これからも頑張ってね。
Seoulに来て何か困ったら、ここに連絡しなさい」と連絡先も
教えていただきました。

思いもよらぬ出会いに、出張の楽しい思い出がまたひとつ増えました。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-01-17 08:54 | ■楽しむこと | Comments(2)
Commented by akko-konoka at 2007-01-18 20:54
また、すごい人と出会いましたね。
縁とは、本当に不思議な物で、その縁は大切にしていきたいですよね。
何だか、その社長さんとのやり取りの内容がとても気になります。
きっと、色々な話の中で面白い事が沢山聞けたんじゃないですか??
Commented by ippo2010 at 2007-01-19 06:29
>akkoさま、
その社長さんとのご縁は、その2時間にあったように思います。
短い時間でしたけど、色々なお話を聞けたし、聞いていただいたことが
縁でした。その縁を大切にしていくことは、きっとそこで学んだこと、感じたことを
僕がどう実行していくかですね。

やっぱり、プロって違いますよね。
レーサーでも、サーフィンでも。そしてビジネスでも。

プロが持つオーラは、あるんだと思います。


<< まず自分から、まず今日から。      どんど焼き >>