2007年 02月 24日
EcoSurfer × 環境応援団いっぽ
c0067646_6324045.jpg先日の美化団体交流会議が開催される前に、EcoSurferの堀さんに会いたくて辻堂で待ち合わせ。

実は今年、環境応援団いっぽでは「学校教育支援・コーディネーター活動」の実現に向けて準備を進めています。そのひとつのモデルとして、堀さんにいろいろと教えてもらいたいことがありました。堀さんは、すでに小学校の総合授業の時間を使って先生を経験しています。机上から入らない、楽しむスタイル120%で入れるのが堀さんの魅力で、僕の尊敬する&まねできない憧れの姿です。

そんな堀さんに、 僕が温めて育ててきたアイデアを聞いてもらいました。
彼は、僕が小難しく表現する話を笑顔でうなずきながら受け止めてくれました。
同時に難しいと思うことはしっかりと返してくれて一緒に考えてくれました。本当に感謝です。

相談できる人がいる、夢を語り合える人がいるということはなんと素晴らしいことでしょう!
それも方向が一致していて、スタイルが違うからこそ、自分の背中が見える。
違う視点から、もっとこうしたほうがいい!とアドバイスをしていただけたりと気づきが多い。

僕たち環境応援団いっぽが挑戦する「学校教育支援・コーディネーター活動」については
blogではなくて、実際に発動してからしっかりと活動と背中でお伝えしていこうと思いますが、
背景、きっかけ、企画、実行・・・・そのすべてに、EcoSurferの堀さんや、その他多くのEcoSurfer、
湘南でさまざまな分野で活動されている方々、行政や財団法人、企業、団体、
そして仲間の理解や協力があってこそ、僕たちの「手をつなぐ」という小さな一歩が存在価値を
もつことになります。

僕も、自分たちならではのスタイルと強みを生かして、こうした素晴らしい人たちがもつ
価値を、魅力を必要に適うカタチで地域や子どもたちにつなげていけることができて、
お互いにハッピーになれるよう頑張りたいなぁと思います。

堀さんと相談して、この活動の一歩にまたひとつ希望をもつことができました。

「楽しむためにできること、今できることからはじめよう」と一途に、不器用に、愚直に活動をしてきた6年間でしたが、
多くの気づきがあり、学びがあり、その都度「そのときに出来ること」を一歩ずつ挑戦して
これたんだなぁと、感謝の気持ちを込めて振り返っています。

■関連記事
 ┗美化団体交流会議 2007 

■Link
 ┗EcoSufer(コラムに財団会議の記事が掲載されています!)

Naoyaくん、写真ありがとう★
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-24 07:15 | ■楽しむために必要なこと


<< もちつき      北上コロッケ >>