2007年 02月 27日
歩き方
一生懸命歩いていると、気づきと学びがあると思います。
試練もたくさんあって、喜びもたくさんあるのですが、やはり試練の中においてこそ
たくさんの気づきと学びがあったと思います。

そのとき、どこまで真剣に向き合うか。

そのとき、何を気づき、学ぶか。

その後、どのように生きるか。

経験の数や種類ではなく、その時の前後でどう変わったか。自分がそこで
どう在ったか。在り方。あり方にはこだわりたい。

人を責めたくなったら、口を閉ざしたほうがいい。
悪口を言ったほうがよいことなんて、ないんだと思う。
そのとき必要で、親切で、人を励まし、喜ばせる言葉を吟味して、語りたい。

これは、僕に難しい。
饒舌は必ずしも長所ではないと教えてくれた方がいました。

いろいろな出会いや波がありますが、
受けとめ方は僕たちが選ぶことができるんだなぁとつくづく感じます。

順調なときには、感謝と喜びをもって歩く。
逆境の時には、原点に返って自らに視点を向ける。
心に耳を傾けて考える。
止まることも、進むための大切なこと。でも、また歩き続けること。

歩きましょう。

未来の自分用にweblog.
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-27 18:29 | ■変わること変わらないこと | Comments(4)
Commented by akko-konoka at 2007-02-28 19:44
同じ事を思っていても、akkoはそれを人に伝えるだけの、言葉が足りないのかも知れません。何だか、とっても、心に染みる日記でした。

akkoも、歩きたいと思います。 ありがとうございました。
Commented by tetsuzaki at 2007-03-02 14:46 x
前田さん、私もなんだか心に沁みてしまいました。日頃の雑事ばかりにとらわれてなんだか眉間のしわが濃くなっていたので反省反省・・・。明るく幸せな部分を見つめることを思い出させてくれた前田さんに感謝です。
Commented by ippo2010 at 2007-03-05 06:37
>akkoさん、
 ありがとうございます。歩きましょうね、過去やいま、そして未来においても
 自分の弱さを筆頭に、僕たちは弱い存在です。
 出会いや失敗のなかで、たくさんの学びをさせていただいて生きていく、
 生かされている存在であることを忘れずにいれたら、きっとかっこいい
 謙虚さとやさしさ、勇気を兼ね備えた生き方ができるような気もします。

 年をとるのも、楽しみです。
Commented by ippo2010 at 2007-03-05 06:38
>tetsuzakiさん、
 嬉しいですね~、コメント(初)!
 カメラと同じで、どこにフォーカスを当てていくか、それが写真品質です。
 景色は同じ、カメラはおなじでも、写真家によって大きな違いがでるんですから。

 きっと素敵な部分をみて感謝して喜んでいるほうが、いい写真が取れますよね。

 ただ、その「技術・心得・感性」は、順調な中だけでは身につかない
 もの、なのかも知れません。

 よい一週間を!^^V


<< ひとりパニック!      もちつき >>