2007年 04月 04日
保育園 保護者会
子どもたちが通う保育園の入園式・保護者会総会が開催されました。
平日だというのにたくさんの親御さんが出席していました。

実は以前から宣告をうけていたのですが、総会で承認され、
保護者会 副会長に就くことになりました。
不安もありますが、僕にできることを通じて何か貢献していきたいと思います。

同園は、保育園と地域子育て支援センターを併設する県下でも二つしかない
施設で、50余年の歴史を持つ地域に根付いた保育園です。

※現在の開成町町長も同園出身なんですから、その歴史をうかがい知ることができます

園の方針はもとより、「子育て」と同時に「親育て」もテーマにしている園長の考えに、
僕は入園当時から感心させられ、また共感してきました。
子どもたちは靴を揃えるようになり、あいさつができるようになり、
ありがとうをいえるようになります。
行事が多くて、職員さんや役員さんや親は大変だとも言われていますが、
大切な子育ての時期に、たくさんのことを学ぶことができて嬉しい限りです。
そんなこんなで積極的に行事にも参加してきたことがきっときっかけで、
僕は今回の大役を仰せつかることになったのでしょうね・・・。

今年のテーマは「ゲームをやめて、外で遊ぶ」とのこと。
6月の子育てフォーラムでは、僕が「遊ぶ」というテーマでお話をさせて頂く
ことになってしまいました。
遊ぶこと。創造力を活かして身近なもので楽しむことなどを中心に、
我が子に伝えている親のメッセージを紹介できたらと思います。

※保護者父仲間「T.I.T」の会長が、総会最後列からエールを送ってくれました(笑)
  どうもありがとうございました!

by nao@頑張ります。
[PR]

by ippo2010 | 2007-04-04 12:52 | ■楽しむために必要なこと | Comments(6)
Commented by akko-konoka at 2007-04-05 07:05
保育園の副会長さんですか?!
色んな事に挑戦しますね、ippoさんは!!!!!!!

我が家でも、保育園が休みの時、しかも10分ぐらいだけで、ゲームをやらせてしまっていますが、【ゲームをやめて、外で遊ぶ】というテーマは良いと思います。
自然の中にある、身近な物で子供達が成長してくれたらと親として思います。ゲームって、非現実的ですからね。

頑張って下さい!!!!!!!!!
Commented by ippo2010 at 2007-04-05 15:03
うちの子も、初代ファミコンをたまーに楽しんでいます。
「ほどよく」が大切ですね(笑)

保育園・・・挑戦しているというより、選択肢のない「指名」でした。
でも、内心「keep challenge魂」で感謝しています。
Commented by Marky at 2007-04-06 12:26 x
映画「マトリックス」の1シーンでこうゆう台詞がありましたねぇ・・

エージェント・スミス 「何故,そこまで戦うのだ!?アンダーソン君」
救世主ネオ 「それは俺が戦うことを選んだからだ!」

じゃじゃん,じゃんじゃじゃん。

「挑戦=内なる戦い」かな・・
カッコイイ!
Commented by SHOW-P at 2007-04-07 08:36 x
がんばってください。
今、企業で起こっているメンタルヘルスの問題は、子育ての段階から始まっている「テレビ・ビデオ・ゲーム依存」(テレビの場合は「テレビ信仰」含む)によって引き起こされる睡眠障害(生体リズム障害)です。
私は新入社員に「早寝・早起き・朝ごはん」「メディア排除」「運動・自然に触れる」を教育する立場になってしまいました。若手のメンタルを守るには子供に教育するようなことを会社でしなければならないのです。何とも...。

参考図書をご紹介します。役立つと思います。

「しゃべらない子どもたち・笑わない子どもたち・遊べない子どもたち」 著:片岡直樹
「テレビ画面の幻想と弊害」 著:田澤雄作
「子どもが壊れる家」 著:草薙厚子
「生体リズム障害」がわかる本 著:大川匡子, 高橋清久, 深田信二
「夜ふかし」の脳科学 著:神山 潤
Commented by ippo2010 at 2007-04-09 11:38
>show-pさま、
 お久しぶりです、元気ですか?
 TVを離れた生活を送っていますが、いいものですね。
 
 新入社員の方に教育をしている、というだけプラスですよね。 
 わかっていても、愚痴に終わり実施していないところも多いと感じます。
 
 夏は、キャンプ行きましょう。また日程相談させてください!
Commented by ippo2010 at 2007-04-09 11:40
>Markyさん、
 「LET MY PEOPLE GO SURFING」をもって韓国に行ってきます。
 最初の10pageで、もうヤラレテマス(笑)


<< 「田んぼのれんげ」      熱いおしぼり >>