2007年 07月 09日
チャレンジの法則
 大事な友だち、sumiちゃんに学んでblog。

 「飛ぶか落ちるか私はまさに今、その間にあります。
  (中略)・・・せっかくだから派手に飛んで落ちるかな~・・・笑」
                     【達成感 ~なりたい自分~へのコメントより】

 さりげないコメントだったけど、本当にその通りだなぁと深く考えていました。
 僕たちは何かにチャレンジするときは、ジャンプしなくてはいけないのです。
 違いはあれど、日々の歩み以外に、跳ばなくてはいけない瞬間がある。
 
 地面に足がついていないのだから、不安です。
 
 届かなければ落ちるし、ケガもするかもしれない。
 飛ぶ前の状態に戻れる保証なんてない。

 チャレンジの法則、それはしっかり準備をして、後は勇気を夢につなげて
 信じてめいいっぱい力強く跳ぶことですよね。

 中途半端じゃ飛べないのです。

 飛行機の離陸のお話をしっていますか?
 離陸で、飛行機は「離陸決定速度」といわれる決断ポイントを超えます。

 これは「これ以上先は離陸中止できない速度」というもので、そこから先は
 全速で加速を続け、離陸するしかない領域です。たとえトラブルがあっても。

 僕はこれ以上専門的なことは詳しく分かりませんが、この話は僕たちに
 「落ちても痛くない速度では飛べないこと」を教えてくれています。
 そして、「そこに至るまでにできる準備はしっかりしておくことの大切さ」も
 教えてくれているのではないでしょうか。

 無謀なチャレンジではいけないのです。
 ゼロ戦の坂井三郎氏も、山登りのラインホールド・メスナーも、
 飛行機も、鎌倉のsumiちゃんも、大切なことを僕に教えてくれています。

 チャレンジの法則、今一度肝に銘じておきます。
 遊びも仕事も生き方も、プロフェッショナルになろう。
 by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-07-09 10:07 | ■楽しむために必要なこと


<< 修理するって気持ち良い      花を贈ろう! >>