2008年 01月 18日
小さな存在ゆえの希望
僕たちには将来のことはわかりません。
わからないから時々不安になるのですが、わからないから夢も抱くし、努力もする。
思わぬ結果につながった驚きも、達成したときの喜びもあるんですよね。

このように、僕たちが明日のことすら確かにわからない存在だからこそ、
そこに大きな希望があるのだと思っています。

一時失敗したように思えても、間違ったことをして大変なことになったとしても、
もっと長い目で見たときに、その過程が大切な肥料になっていることが多いものです。

大切なことは逃げないこと。そして、相手もきっと同じ存在なのだと思いやること。

     「出来なかったのは、出来るまでやり続けなかったから」

この言葉を思い起こしました。

本当に小さなことだったけど、希望を捨てずに頑張ってきてよかったなぁ
という嬉しいお知らせを頂きました。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2008-01-18 06:09 | ■変わること変わらないこと | Comments(0)


<< 芝生ボード      机に向かう時間 >>