2008年 02月 25日
「心を亡くす」と書いて忙しい
お客様が教えてくれた言葉です。
「だから、私は『忙しい』とは言わないようにしているんですよ」
とつけたして。

確かに僕たちは生きていく上で仕事や悩み事が増え、時間に追われて
いくと「忙」しくなるのだと思います。

そのような状況を回避するにはどうしたらよいのでしょうか。

仕事を減らしたり、楽な仕事に変えたり、悩みない環境を求めていくこと
も必要な時もあるでしょう。人生にはさまざまな「時」があると思います。
しかし一方で他の解決策もあると思います。

仕事量やストレスの元になる関わりあいから身を遠ざけることではなく、
「心を亡くしそうな状況」の中にあってこそ必要なことがあることを忘れては
いけないのです。

「心」を豊かに潤し、忘れぬために必要なことを覚え、
心の重荷を預ける祈りのなかで努力していくことを。

でもそんなに自分は強くない。
だからこそ。

僕は「忙」しくなるほど、朝のゆとり時間をつくり出しています。
by nao。
[PR]

by ippo2010 | 2008-02-25 08:48 | ■変わること変わらないこと


<< Cafeネジテパ@博多      佐世保バーガー「ZATS BU... >>