2008年 06月 18日
静かな勇気
不安はいやだ。

でも、不安の数だけ、祈ることができる。
不安の数だけ、希望がある。信じる気持ちが湧いてくる。

信じるとは、確約のある事柄を待つことではなく、
望む事柄を確信を持っていること。

簡単なら上手くできてあたりまえ。
困難な状況においてあきらめることは容易で、周囲も納得してくれるかも知れない。

でも、そんなときこそ真価を問われている気がします。
「だからこそ」「たとえ・・でも」という感覚を大事にしたいのです。

そこでチカラを発揮するのは、技術・知識・戦略ではなくって、
信念、想いだと思います。右脳でリードして、左脳でマネジメントとはよく言ったものです。

周囲があきらめて、状況も悪化して、いよいよ雰囲気もまずくなったときにこそ、
あきらめない勇気が問題を乗り越えていくんだ!

って自分に言い聞かせて、愛する海に静かに網をうち続ける漁師のように
やさしく強く一歩前進したいと思います。

とは言え、不安は人生につきもの。
もっと別の見方をすれば、不安である状況は変わらなくても、そのこと自体を
不安だと思わなくなる、そう生きたいものです。

even so, 頑張れ!僕も頑張る。
by nao

■関連記事「even so
[PR]

by ippo2010 | 2008-06-18 15:07 | ■変わること変わらないこと


<< 地震      面接 >>