2008年 09月 03日
父の誕生日
c0067646_847553.jpg―――62歳。

僕が大学2年の冬に亡くなった父が生きていたらこの歳だ。
今だからこそ、会って話したいことや、話を聞いてみたいことがある。

でも、いない今だからこそたくさんのことを心で話をしているのかもしれないですね。千葉の海岸で父に抱きかかえられて満面の笑みで写っている写真を眺めながら懐かしく思いました。
by nao


●関連記事
 「僕の小さい頃と一緒
 「Father
[PR]

by ippo2010 | 2008-09-03 08:52 | ■変わること変わらないこと | Comments(2)
Commented by akko-konoka at 2008-09-04 09:59
ステキですね。 この文章の中に、同じ事を思うakkoが居ます。
そばに居て、見守ってくれた父の存在って大きいですね。
母ともまた違う重みのある存在です。
Commented by ippo2010 at 2008-09-05 07:41
akkoさん、
 そうですね、そして今自分も父親であることをいろいろ考えます。
 両親には感謝ですね!akkoさんも頑張って!


<< 夏の思い出      測定 >>