2008年 09月 22日
ひとりのために
「大衆の救いのために勤勉に働くより、ひとりの人のために全身を捧げる方が気高いのである」
                    (スウェーデン出身のダグ・・ハマーショルド元国連事務総長)

仕事をしていく中で、どれだけこの大切なことを見失いがちなことでしょうか。
いつも心に覚えておきたいことだと思います。

全身を捧げる、ということの意味を合わせて考えるとき、本当の意味で勇気と思いやりのバランスを高めていく必要があると思います。日常の中で実践し続けていきたいですね。

それはいつかではなく、今。
いつも夢に向かって歩いていることを覚えたいと思います。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2008-09-22 18:05 | ■変わること変わらないこと


<< 32th BirthDay      長男とふたりきり >>