<   2007年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

2007年 02月 28日
ひとりパニック!
今朝も6時AMからおきて読書&仕事をしていましたが、外は真っ暗。
韓国は日本(TOKYO)よりも日の出が1時間ほど遅いのです。

しばらくして明るくなったので外を見ると・・・

「・・・っっ!!!」

霧がすごい。半端じゃありません!
こりゃ、本日帰国の飛行機が飛ばないかも知れない・・・と考え、
今日の夕方からの環境応援団いっぽミーティングに出席できないかもと悩む。

天気予報や航空が社のフライト情報を確認しようとしながら
よく外を見ようと、窓を手でこすってみると・・・、


「すっきり♪」

窓がめっちゃ曇っていただけでした。
これって、本当にくだらないけど、かなり短い間に、困ってかなり考えました。

鉄道「Yeosu→Seoul:5時間」
 車 「約6時間」
船+新幹線「釜山→福岡→東京:??時間」

あー、よかった。メッチャ晴れています。

by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-28 07:11 | ■日常
2007年 02月 27日
歩き方
一生懸命歩いていると、気づきと学びがあると思います。
試練もたくさんあって、喜びもたくさんあるのですが、やはり試練の中においてこそ
たくさんの気づきと学びがあったと思います。

そのとき、どこまで真剣に向き合うか。

そのとき、何を気づき、学ぶか。

その後、どのように生きるか。

経験の数や種類ではなく、その時の前後でどう変わったか。自分がそこで
どう在ったか。在り方。あり方にはこだわりたい。

人を責めたくなったら、口を閉ざしたほうがいい。
悪口を言ったほうがよいことなんて、ないんだと思う。
そのとき必要で、親切で、人を励まし、喜ばせる言葉を吟味して、語りたい。

これは、僕に難しい。
饒舌は必ずしも長所ではないと教えてくれた方がいました。

いろいろな出会いや波がありますが、
受けとめ方は僕たちが選ぶことができるんだなぁとつくづく感じます。

順調なときには、感謝と喜びをもって歩く。
逆境の時には、原点に返って自らに視点を向ける。
心に耳を傾けて考える。
止まることも、進むための大切なこと。でも、また歩き続けること。

歩きましょう。

未来の自分用にweblog.
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-27 18:29 | ■変わること変わらないこと
2007年 02月 26日
もちつき
c0067646_3481170.jpg子どもたちが通う保育園行事でリズム発表会がありました。
音楽に合わせて楽器を演奏したり歌を歌ったりと、保護者にとって
保育園での子どもたちの成長を感じることができる嬉しい行事です。

その後、園庭にてもちつきの準備。
園児+先生+保護者で準備して、「そぉーれ!」と掛け声を
かけながらもちをつきます。

きねでもち米をこねていくなんて、僕自身もなかなか経験しなかったこと。
体重のかけ方などから、園長に教えてもらいながら親子で楽しみました。

もちのおいしいこと!
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-26 03:47 | ■楽しむこと
2007年 02月 24日
EcoSurfer × 環境応援団いっぽ
c0067646_6324045.jpg先日の美化団体交流会議が開催される前に、EcoSurferの堀さんに会いたくて辻堂で待ち合わせ。

実は今年、環境応援団いっぽでは「学校教育支援・コーディネーター活動」の実現に向けて準備を進めています。そのひとつのモデルとして、堀さんにいろいろと教えてもらいたいことがありました。堀さんは、すでに小学校の総合授業の時間を使って先生を経験しています。机上から入らない、楽しむスタイル120%で入れるのが堀さんの魅力で、僕の尊敬する&まねできない憧れの姿です。

そんな堀さんに、 僕が温めて育ててきたアイデアを聞いてもらいました。
彼は、僕が小難しく表現する話を笑顔でうなずきながら受け止めてくれました。
同時に難しいと思うことはしっかりと返してくれて一緒に考えてくれました。本当に感謝です。

相談できる人がいる、夢を語り合える人がいるということはなんと素晴らしいことでしょう!
それも方向が一致していて、スタイルが違うからこそ、自分の背中が見える。
違う視点から、もっとこうしたほうがいい!とアドバイスをしていただけたりと気づきが多い。

僕たち環境応援団いっぽが挑戦する「学校教育支援・コーディネーター活動」については
blogではなくて、実際に発動してからしっかりと活動と背中でお伝えしていこうと思いますが、
背景、きっかけ、企画、実行・・・・そのすべてに、EcoSurferの堀さんや、その他多くのEcoSurfer、
湘南でさまざまな分野で活動されている方々、行政や財団法人、企業、団体、
そして仲間の理解や協力があってこそ、僕たちの「手をつなぐ」という小さな一歩が存在価値を
もつことになります。

僕も、自分たちならではのスタイルと強みを生かして、こうした素晴らしい人たちがもつ
価値を、魅力を必要に適うカタチで地域や子どもたちにつなげていけることができて、
お互いにハッピーになれるよう頑張りたいなぁと思います。

堀さんと相談して、この活動の一歩にまたひとつ希望をもつことができました。

「楽しむためにできること、今できることからはじめよう」と一途に、不器用に、愚直に活動をしてきた6年間でしたが、
多くの気づきがあり、学びがあり、その都度「そのときに出来ること」を一歩ずつ挑戦して
これたんだなぁと、感謝の気持ちを込めて振り返っています。

■関連記事
 ┗美化団体交流会議 2007 

■Link
 ┗EcoSufer(コラムに財団会議の記事が掲載されています!)

Naoyaくん、写真ありがとう★
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-24 07:15 | ■楽しむために必要なこと
2007年 02月 23日
北上コロッケ
c0067646_82338.jpg暖冬の中でもさすがの寒さの東北です。
岩手県・北上で、「北上コロッケ」という名物を発見。

ジャガイモじゃなくて、サツマイモを使ったコロッケで、
このお店ではクリームコロッケ風にアレンジして出してくれました。

おいすぃー。

by nao@メタボリック
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-23 08:23 | ■楽しむこと
2007年 02月 22日
出張先での一息
c0067646_11571740.jpg出張先で、大浴場があるホテルを見つけて即決定!
しかも大好きな和室で、広い10畳。

夕焼けの瀬戸内海(工業地域ですが)を眺めながら、
お風呂にi-PODと本とお茶を持ち込んで至福のひと時です。

ニョボセヨ。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-22 12:06 | ■楽しむこと
2007年 02月 20日
田園とうどん
c0067646_23274062.jpgお世話になっているお客様が、昼休みに地元のうどん屋さんに連れて行ってくれます。
今回は、中でもTVなどで有名になったという「がもう」。田んぼのなかにあって、この日も30人くらいが並んでいました・・・すごい。店内には椅子が少し。多くの人は外で座ったり、立ったりしながら食べてました。

お味は?・・・・最高でした。
開成町の田園には、何があうのかな。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-20 23:31 | ■楽しむこと
2007年 02月 20日
夢のカタチ
c0067646_1314185.jpg僕の友だちが、素敵なバレンタイン・トマトをくれました。

学生時代から夢を描いて、よく考え、よく努力し、一途にがんばる彼は、家業となるお茶の生産・加工・卸・小売に加え、アメリカで農業を学び、土作りから情熱をこめて頑張っているそうです。
この日、そのひとつのカタチをプレゼントしてくれました。

厳しい自然相手のなかで、日々の手入れを休むことなくこなしながら、夢に向けた挑戦を続ける友人に、心からエールと敬意を表し、僕もがんばろうと思います。

どうもありがとう。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-20 14:13 | ■日常
2007年 02月 19日
美化団体交流会議 2007
c0067646_7574839.jpg美化団体交流会議にIPPOの壮Changと出席させて頂きました。
毎年恒例になっていますが、毎回素敵な仲間との出会いがあり、
交流と新たな活動の可能性を考える貴重な機会になっています。
(写真は、海さくらの方から取材を受けている様子です)

ことしも色々な団体の個別の課題、想い、それを聴くことができました。
残念ながら、まだ個別問題の応答になり、数十団体の意見として
来年度の重点テーマや、共同意見などを出すことができないようです。

でも、行政にはできないことや、財団法人でできないことを、
民間で、ボランティアレベルでやればいいのではないでしょうか。

できるほうが、できることをやる。
そして、連携も大切にする。期待するだけじゃなくて、自分がどれだけ
相手に貢献できるか、与えていけるかが活動の楽しみであり、
これまで活動を通じて教えていただいたことを還元することだと
僕は考えています。

毎回思いますが、たくさんの団体が、それぞれ尊い活動をされています。
それぞれ専門・得意領域や、特化した地域、歴史を有し、それなりに
課題も背負いながら頑張っています。

いつの日か、「手をつないだ価値」のあることを、具体的なカタチに
していけたらいいですね。

とても考えさせられる会議でした。
僕は、この手の発言は2回目になるので、僕自身が改善が必要です。
次は行動で示したいと思います。昨年9月のシンポジウムでの提案も、
カタチとして応えていただいていることを感じていますので、今度は僕たちが頑張る番ですね。

EcoSurfer堀さんSurfRider Foundation JAPANのノブさん、そして
海さくらの皆さん、美化財団のみなさま(特に鉄崎さん、小川さん)、
有賀さん、ありがとうございました。

●関連記事
  ┣交流会議での提案 (2005年2月の交流会議関連blog) 
  ┗神奈川県・相模湾沿岸の魅力向上シンポジウム

by nao
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-19 08:01 | ■楽しむために必要なこと
2007年 02月 16日
郵便ポスト
c0067646_6322488.jpg手書きを大切にしようと決めた30代。
でも、手紙は出さねば届かない。書いたものの、出張移動が多くて空港で出し忘れたと言って海外につき、帰国してからと思うと東北にいて、東京で出したほうが絶対近いとかばんにしまったら、そのまま移動して四国にいて・・・やっと出しました。不覚。

時間を費やすということは、それだけ「かけがえのないもの」を費やすことになります。時間をかけて、切手を貼って、郵便ポストに投函するプロセスを大事に、自分の気持ちや、御礼の気持ちは、なるべく手紙にしたいと思う僕。

でも、だらしない一面が顔を出し、神奈川で書いた神奈川や静岡行きの手紙を四国で投函。

■関連記事「過去ログ」
  手紙「http://ippo2010.exblog.jp/4806821/
[PR]

by ippo2010 | 2007-02-16 06:44 | ■日常