2009年 09月 07日
具体的な行動が必要。
c0067646_0502236.jpg地球温暖化防止教材制作委員会の取り組みで、どのように教育の現場の中で活用できるかを議論しています。本来の目的を果たすために、しっかりと議論できる委員の方や、事務局である神奈川県職員の方々にあらためて感謝したいと思います。

授業時間が削減される総合授業枠をターゲットにしつつも、日ごろの科目のなかでも上手に取り扱ってもらえるような仕組みの具体的検討段階に入りました。委員会の開催頻度や時間だけでは到底進まない内容を分科会として進めること。少しでもこれまでの活動や仕事で学んだことで貢献できれば幸甚ですし、そうすべきという使命感を持っています。僕を筆頭に、どうしてもアタマで理解してしまうと発言だけが先走りますが、なるべく行動をもって具体的な参加を心がけたいと思っています。

でも、発言も大事な参加の第一歩。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2009-09-07 00:51 | ★IPPO活動


<< 第37回フジサンケイクラシック...      一途に、練習あるのみ。 >>