2010年 03月 01日
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 訪問
c0067646_1162866.jpg
出張時に少し寄り道をして、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構をたずね、4月の企業向けプログラムのための準備をしてきました。研究者の話は大変興味深いものが多く、また我々が定性的に感じていることを定量的に独自の目線で捉えているので驚きの連続です。僕たちも何か一つ「伝える活動」や「創造する活動」を通じてメッセージを届けるために貢献できればと思うばかりです。紹介して連れて行ってくれた牧之原市の大関君に感謝したいと思います。

気候変動、そして農業。受動的なことだけではなくて、農業も変わる。今、国が、農家が、企業が、そして一人ひとりが持続可能な未来へ変わっていく時代です。大切なことは残して、変えるべきものを見極めて勇気を出して変えていく。この知恵と勇気、チカラを祈り求めていきたいと思います。

写真は、今勉強している本のひとつ「THE NECESSARY REVOLUTION(Perter Senge著)」。アクションラーニングで有名なピーター・センゲ教授の持続可能性についてのメッセージを感じたいと思います。

僕たちもまた、一つ研究テーマを持って歩みたいと思います。
by nao
[PR]

by ippo2010 | 2010-03-01 11:08 | ★IPPO活動


<< いろいろな自分との出会い。      雨の日のコインランドリー。 >>